プラスペース

毛母細胞の元となるバルジ幹細胞へダイレクトに働きかける新発毛・育毛成分リデンシル、医薬品ミノキシジルの3倍の発毛効果があるキャピキシルを新配合。
脱毛ホルモンによる毛根衰退と、ヘアサイクルの乱れを止めて健やかな髪と頭皮を育てます。また、気になる頭皮臭&加齢臭予防に柿渋エキスを新配合。
洗髪・タオルドライ後の清潔な頭皮に塗布し、マッサージしてください。

※成分説明表はこちらです
表示名称 配合目的 成分説明
基剤 トリニティーセラミックを透過した精製水です。
エタノール 収れん剤 収れん作用や爽快感、頭皮を健やかに保つ作用があります。抗菌、殺菌としての効果も期待できます。
DPG 保湿剤、溶剤 肌にうるおいを与え、乾燥を防ぎます。さらっとした使用感をもたらします。
グリセリン 保湿剤 ヤシの実などの天然油脂を由来とする成分で、肌にうるおいを与え、乾燥を防ぎます。
プロパンジオール 保湿剤、感触改良剤、溶剤 トウモロコシ由来のエコサート認証原料です。保湿機能のほか、抗菌特性を持った溶剤として使用されます。
ジグリセリン 保湿剤 優れた保湿力を持ち、皮膚や毛髪にしっとり感を与える成分です。
BG 保湿剤 肌にうるおいを与え、乾燥を防ぎます。グリセリンよりもさっぱりした使用感をもたらします。
ツルグミエキス 指定原料 沖縄では「かぼく」と呼ばれ、そのエキスはエイジングケアとして、古来よりしみ(老斑)を取り除くことに用いられたといわれていま す。
酸化チタン 指定原料 イルメナイト鉱を原料として、酸処理後、抽出などを行い製造され る白色顔料です。皮膜力、着色力に優れ、紫外線遮断作用は微粒子化でより高くなり、サンスクリーン剤の主役であります。皮膚に対し収斂性がなく、生理的に不活性です。酸化チタンは重要な原料として多用されていますが、更に物性を向上させるために表面をケイ酸や酸化アルミニウムなどで処理したものが使用されています。白色顔料としてクリーム、乳液、メイクアップ製品に広く使用され、紫外線遮断剤として日焼け止めクリームに使用されています。
ヒドロキシアパタイト 指定原料 リン酸カルシウムの一種です。アパタイトは燐灰石。水酸化カルシウムとリン酸を反応させて作られます。骨や歯の主要成分です。増量剤、粉体、粉体改質剤、分離精製剤として使われます。製品の厚みを出すために配合します。
シルク 指定原料 18種類のアミノ酸で構成されたタンパク質からなります。人間の肌もタンパク質で出来ており、人の肌に1番近い天然繊維です。
シクロデキストリン 指定原料 約1世紀前に発見された特異な包接機能により注目されました。シクロデキストリン生成酵素でデンプンを分解して得られる環状デキストリンで、白色の結晶または結晶性の粉末で無臭です。環状構造をしているため、その分子空洞内に香料や油溶性の成分など 種々の物質を取り込む性質があります。揮発性物質の安定化、酸化、光分解性物質の保護、水不溶性物質の乳化などの物性改善効果を示します。分子カプセルとしての応用研究がされており、今後の応用製品が期待されます。
ケイ酸Na 指定原料、pH調整剤 無水和物は無色斜方晶系の結晶。融点1088℃。水に容易に溶
け、水溶液は加水分解して強いアルカリ性を示します。水溶液からはNa2SiO3の各種の水和物が得られます。
ガゴメエキス 美肌・保湿剤 フコイダンが豊富に含まれており、ガゴメ昆布から採取するエキスです。美肌・保湿効果に優れています。
アセチルテトラペプチド-3 皮膚コンディショニング剤 4つのアミノ酸で構成されています。極めて強力な細胞外マトリクスの修復作用を持つため、毛包の構造維持に働きかけます。
ビワ葉エキス 皮膚コンディショニング剤 消炎効果や収れん効果があるので肌荒れを防ぎ、キメを整え引き締まった肌にする目的で配合される成分です。
センブリエキス 皮膚コンディショニング剤 センブリは、別名を当薬(当に薬である)ともいう生薬のひとつで、皮膚の代謝改善や発毛・育毛促進効果が認められる成分です。
アカヤジオウ根エキス 皮膚コンディショニング剤 漢方の生薬としても用いられる成分で、血流促進作用、抗男性ホルモン作用が確認されており、育毛効果が期待できます。
アカツメクサ花エキス 皮膚コンディショニング剤 イソフラボン類が豊富に含まれており、中でもビオカニンAと呼ばれるイソフラボンの一種には、男性型脱毛症の原因である5αリダクターゼを強力に阻害する効果を持つことが発表されています。
オタネニンジン根エキス 皮膚コンディショニング剤 活性成分であるジンセノサイド(サポニン配糖体)を含んでいます。代謝促進作用・血行促進作用・シワ防止作用が期待できます。
セイヨウアカマツ球果エキス 皮膚コンディショニング剤 野生の琉球松を発酵させて使用します。天然成分としては最強と言われる強力な抗酸化作用があります。保湿効果や抗炎症、血行促進効果により皮膚の再生力を高めます。
コンフリー葉エキス 皮膚コンディショニング剤 ヒレハリソウ(コンフリー)の葉から得られたエキスで、抗炎症作用が強く、また育毛作用も確認されています。
カミツレ花エキス 皮膚コンディショニング剤 細胞の生まれ変わりに着目した、カミツレの花由来のエイジングケア効果のある成分です。
チャ葉エキス 皮膚コンディショニング剤 緑茶より抽出されたエキスで、抗菌作用や抗酸化作用などのある成分です。
アシタバ葉/茎エキス 皮膚コンディショニング剤 皮膚の新陳代謝を高め、肌荒れや老化予防に効果が期待できます。
ヨモギ葉エキス 皮膚コンディショニング剤 頭皮の活性酸素を消去し、コラーゲン産生の促進が期待できます。
ハトムギ種子エキス 皮膚コンディショニング剤 ハトムギの種皮を除いた種子は「ヨクイニン」と呼ばれ、荒れ肌改善などの美肌効果が認められます。
カキタンニン 消臭剤、抗菌剤 ポリフェノールの一種です。抗菌力、殺菌力が高く、雑菌の繁殖による臭い軽減が期待できます。
グリチルリチン酸2K 皮膚コンディショニング剤 甘草根から抽出して得られる成分で、肌荒れを防ぎ、肌をなめらかに整えます。
ポリグルタミン酸 保湿剤 アミノ酸の一種であるグルタミン酸が多数結合したもので、納豆の糸部分に含まれている天然成分です。
ヒアルロン酸Na 保湿剤 高分子のヒアルロン酸で肌表面で保湿感を保ち、しっとりとした肌をもたらします。
加水分解ヒアルロン酸 保湿剤 低分子ヒアルロン酸で肌の角質層に浸透し、水分補給と高い保湿効果を発揮する成分です。
パンテノール 保湿剤 頭皮の保湿、血行促進作用、皮脂分泌調整作用、抗炎症作用が期待できます。
グリシン 保湿剤 アミノ酸の一種です。保湿、血行促進、抗菌・抗酸作用が期待できます。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNa 保湿、湿潤剤 天然の脂肪酸とアミノ酸由来の成分で、毛髪内部にすばやく浸透し、内側からダメージを補修します。
ラウリン酸ポリグリセリル-10 乳化剤 植物脂肪酸のラウリン酸と、水溶性保湿成分のポリグリセリル‐10によって得られる、ノニオン(非イオン性)合成界面活性剤です。水分と油分を乳化して、品質を安定した状態で保つ効果に優れています。
ヒドロキシエチルセルロース 親水性増粘剤 セルロース(パルプ)から作られる増粘剤です。
ユーカリ油 着香 ユーカリの葉から抽出して得られた精油です。抗炎症効果や抗菌作用、血行促進効果が期待できます。
ハッカ油 清涼剤 ハッカから抽出した精油です。爽やかな清涼作用があります。
シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール 乳化安定剤、ヘアコンディショニング剤 水にも油にも溶解するエステル油剤で毛髪への有効成分の浸透を促進し、ダメージを改善できます。
メントール 清涼剤 鎮静効果や細胞を活性化する効果、配合成分の浸透促進効果、肌を引き締める効果が期待できます。
メントキシプロパンジオール 清涼剤 メントールにプロパンジオールを結合させて、メントール誘導体化したものであり、匂いはなく、香味成分・冷感成分として使用されています。
デキストラン 保湿剤、増粘安定剤 グルコースのみからなる多糖類の一種で、スクロースを原料として乳酸菌を生産します。
トコフェロール 皮膚コンディショニング剤、酸化防止剤 肌の血行を良くする作用のほか、製品の酸化防止のために配合されています。
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル 皮膚コンディショニング剤、酸化防止剤 肌に取り込まれやすい油溶性のビタミンC誘導体で、肌弾力の改善などの美容効果に優れた成分です。
ピロ亜硫酸Na 酸化防止剤 製品の酸化防止・変色防止効果・安定化作用があります。化粧品やヘアカラー剤などの製品の品質を守るために配合されます。
乳酸Na 保湿剤 NMFと言われるヒトの肌に元々存在し強い保湿効果のある天然保湿因子の一つです。
塩化亜鉛 収れん剤 肌を引き締めたり、整えたりします。
希望小売価格
 120ml ¥8,800(税込)